聴神経腫瘍の治療|健康の悩みを解決するためのサイト【検便検査の目的も確認】

聴神経腫瘍の症状と治療方法を理解しよう!良性腫瘍だけど注意が必要

聴神経腫瘍の治療

病院

難聴を引き起こす

聴神経腫瘍の症状は、耳鳴りや聞こえが悪くなることが挙げられます。聴神経腫瘍は脳から出る神経を囲っている鞘から発生する良性腫瘍なのですが、脳腫瘍の数%を占めていると言われています。難聴を引き起こすことがあるので、「聴神経腫瘍」と名付けられています。

聴神経腫瘍の症状

聴神経腫瘍の原因は明らかになっていませんが、遺伝によって引き起こす場合があることが明らかにされています。聴神経腫瘍の症状は、片側の耳の聞こえが悪くなったり、耳鳴りが引き起こされたりします。難聴の他にも、めまいや顔面けいれんといった症状が現れます。突発性難聴と混同する可能性があるので、異変を感じたらすぐに病院へ行くことが大切です。

検査方法


検査をする場合は、聴力検査や脳波の検査、平衡機能の検査を行います。聴神経腫瘍の可能性が高いとされた場合は、さらにMRIによる検査が行われます。聴神経腫瘍は良性の腫瘍なので、まずは経過観察をすることが多いです。

治療方法

腫瘍が大きくなってしまった場合は、主に手術療法か放射線療法のどちらかで治療を行います。腫瘍の状況を見ながら医師と相談しながら判断しましょう。主治医は信頼できる人を選ぶことが大切です。