免疫を活用した治療|健康の悩みを解決するためのサイト【検便検査の目的も確認】

免疫細胞療法は1人1人が持っている免疫を利用する治療法!

がんの原因と治療法を知ろう

がんの原因はさまざまな要因が複合的に重なって引き起こされると言われています。また、がんの治療法には免疫細胞療法と呼ばれる第4の治療法が注目されています。がんの原因と治療法を以下で具体的に解説します。

免疫を活用した治療

病室

がんの原因

がんは誰にでも起こりうる病です。私たちの体内では、がん細胞の増殖と、それを撃退する細胞の両方の働きが絶えず行われているのです。がんは、複合的な要因によって引き起こされます。100%科学的には証明されていませんが、遺伝的な要因や、日常生活の過ごし方が原因となると言われています。

がん治療の第4の方法

免疫細胞療法とは、人間が本来もっている「免疫」を利用してがん治療を行う方法です。免疫を利用するので、当然副作用はありません。そのため、手術療法や抗がん剤治療、放射線治療と併用して免疫治療を行うことができるのです。がん治療の第4の方法とも言われており、がん治療の方法として注目を浴びています。がん細胞のみをターゲットにして治療を行うことができるので、体の他の部位に悪影響を及ぼす恐れは少ないとされています。

病気の予防にも

高齢者や子どもといった痛みに苦手な方や、体力が著しく低下した患者さんは、免疫細胞療法を活用すると良いでしょう。また、免疫療法は、免疫を強化することでがん細胞を撃退する方法ですので、病気の予防にも繋がります。がん治療を済ませるだけでは無く、治療後もメリットがあるのです。

がん治療に取り組んだ方の声を見よう!

免疫治療で治療中(40代男性)

半年前に母が、がんを宣告されました。80歳を過ぎており、抗がん剤や放射線治療の副作用の痛みに耐える体力が足りないということもあり、免疫治療で闘病生活を送っています。免疫治療は副作用の痛みがないので、治療の苦しさは軽減できています。

病気の予防に繋がった(30代女性)

初期にがんを発見したため、免疫治療でがん細胞の増殖を抑えることができて、現在は元気に生活しています。免疫治療の影響で、免疫機能を高めることができました。免疫機能が高まったので、あまり病気にかからなくなりました!

主治医選びは大切(50代男性)

肺がんにかかってしまい、肺がんを宣告されたときは、青天の霹靂の思いでした。しかし、主治医と治療方法の相談や今後の展望を話す度にポジティブな気持ちになることができます。主治医が信頼できる方なので、前向きに治療に専念しています。

治療方法を併用しています(50代女性)

1年ほど前にがんを宣告されました。がんの治療に、抗がん剤治療を行っていますが、副作用を避けるために、免疫治療も併用して治療に励んでいます。抗がん剤治療だけと違って、免疫治療も併用すると副作用が軽減できています。

情報収集をしっかり行った(30代男性)

3年前にがん治療に取り組んだのですが、がん治療を進めるために医師との相談も大切ですが、自分で情報収集することも大切だと感じました。知識を得た上で医師と治療方法を相談したので安心して治療に励むことができました!